[STEEMIT] [日本語翻訳] インタビュー STEEMハードフォーク関連事項すべて明らかにする


出典: 셔터스톡

こんにちは、@yasuです。

本日日、午後11時にSTEEMハードフォークが予定されていますが、

STEEM証人が脅迫されてると聞きました。私たちの知らないところで、とても深刻な状況になっています。

これまでの経緯が整理された記事がありますので、紹介します。

原文記事リンク
https://joind.io/market/id/2098

google翻訳

[インタビュー]「STEEMハードフォーク関連事項すべて明らかにする」

ブロックチェーンプロジェクトSTEEMが5月20日午後11時(韓国時間)、ハードフォークを予定している。ハードフォークに関する通知は、5月19日午後11時(韓国時間)にアップロードされる。ハードフォークは、3月に起こったHIVEハードフォークとは異なる内容を含んでいる。ハードフォークの背景と争点を調べるためにジョーインディがSTEEMITベースの報酬サイトトリプルA証人のチームとのインタビューを進行した。トリプルAは、HIVE、ハードフォーク以降の証人上位20位を確保した、国内のプロジェクトだ。以下はインタビューの専門である。

<質問>ハードフォークを実施した背景は?

「3月にHIVEブロックチェーンがチェーン分離をしながら一定のアカウントをエアドロップ対象から除外した。これに対して彼らは「脱集中に反対するというアカウントを除外した」と述べている。しかし、これは事実ではない。ただHIVEハードフォーク以前の証人たちがしていた行動に同意せず、STEEMIT財団と旧証人の間で調停をしていたユーザーが除外さされただけである。

問題は3月HIVEハードフォーク以降の状況だった。彼らはハードフォーク後も継続的にSTEEMブロックチェーンの生態系を、以下のような方法に攻撃した。

1.ネットワークの信頼性毀損:他の種類のノードバージョンと無意味な価格フィードなどで妨害

2.ボットの使用を通じた無限少額送信にブロックラムスパミング(RAM spamming)実施

3.他のスチームユーザーにサイトの利用拒否感を与えるための攻撃的に無意味なスパムコメントの作成。その他のコメントを使用が不可能になるほどの長文コメントや攻撃性コメントななど
4.彼ら旧証人だった時代守てきたPOPOB(Proof of Brain)の精神に反するコメントPharming、Self Bot Pharmingなどを実てSTEEMリワードフル悪用

5.噂電波を介して偽ニュース電波
6.公にユーザの攻撃は、個人情報の収集、殺害脅迫

このような理由により、ハードフォークを実施することになった。」

<質問>今回のハードフォークに変更されている点は?

「基本的に今回のハードフォークはパワーダウン期間を13週間から4週減らす内容が含まれている。投資家とユーザーがより簡単にSTEEMにアクセスすることができるきっかけを用意するためだ。

重要なのは、財団主管というよりは、証人が主管となり、必要に応じてSTEEMIT財団に協力を求める方法でハードフォークが実装されたという点だ。さらにSTEEMブロックチェーンを安定させるためのシードノードのリストを更新も、今回のハードフォークときのように並行になる予定である。

最後に、23.0ハードフォークは、これまでSTEEMブロックチェーンにあった攻撃への対応も含まれている。前述したハードフォーク背景と密接な関連がある。STEEMブロックチェーンに直接的な脅威を加えたり、STEEMホルダーの正当な資産を差し押さえたアカウントに対するアカウント差し押さえが予定されている。これはSTEEMのネットワークの安定性とユーザー環境の改善のための必要不可欠な措置であると判断して含められた。

<質問>ハードフォークに関する通知時点と正確なアップデート時刻は?

「ハードフォークに関する通知時点は、5月19日午後11時(韓国時間)に@softfork22888 アカウントを介してアップロードされる。お知らせと一緒に関連するコードも一緒にオープンされる。ハードフォークの更新時刻は現在の5月20日午後11時に予定されている。コードは、23.0のバージョンに更新される。」

<質問>ハードフォークチェーン分離の可能性について話て話をする人がいるのですが。

「のメインの証人たちは、合意の下23.0に行くようになっている。取引所とも連絡を介してコードが共有されている状態だ。もし23.0にアップデートしていない証人がいる場合は、それらの間で22.0バージョンでフォーキングされたチェーンを発生させるものである。もちろん、そのチェーンは23.0に適用される変化はない。理論的に見たとき22.0コードを回す証人が十分であればSTEEMのチェーン分離の可能性がないわけではない。 "

<質問>ハードフォーク以降の計画は?

「現在のSTEEM証人が過去HIVEハードフォーク以降急いサーバーを準備して、証人になって問題があった。今ある程度システムをつかむている段階だ。ハードフォークを準備しながら、これまで既存のシステムがどのよう売り圧力を経験してきたのかを認識した。そのようなことは、もはや起こらないように、継続的なSTEEMの生態系の体質改善を成し遂げていく。また、ブロックチェーンの安定性とユーザー環境の改善を優先して、以前のように、現在の位置を守るSTEEMではなく、ユーザーと投資家の両方が発展することができるSTEEMに集中し機能を追加しようとする "

<質問>れまで既存のシステムがどのよう売り圧力を経験してきたのかを認識されたとした。何を意味するのか気になる。

「旧証人が行った日と関連が深い。これを知るためには、3月ハードフォークの前に証人1位だったブロックトレード(@ブロックトレード)の行跡を見なければならない。ブロックトレードはSTEEM初期からマイニングをしていた重要な人物の一人であった。実体はダンノステある(Dan Nostein)という人で、ブロックトレードのほか、自身が運営する会社があることが確認される。

問題は、その後2019年末までにSTEEMIT財団から開発費などの名目で3年間2500万STEEMを超えて受けた点である。これと関連し、一種の開発資金のSPSを設計した。名目は、開発者の資金だったが、実際は旧証人がコストを取りまとめていくことができる窓口として利用された。現在HIVEで同じ原理で動作するSPSが、実際にそのような方法で使用されており、最終的には少数の証人たちとその周辺の人たちに補償を配っためのツールに使われている。一日に1000HBD(SBD)を63日間要請しつつ、画像サーバを構築するのに5万ドル以上を持って行っているのが実情である。開発費を、財団に要請せずに、直接補償のプールから持って行く方式である。

ブロックトレードはSTEEMITでも同じ方法を活用した。これに対するブロックトレードのアカウントと資金は取引所のメモを介して確認可能である。総合したとき、3年の間に2000万STEEM以上をSTEEMIT財団から受け取引所に移動したことを知ることができる。加えて、ブロックトレードは22.2ハードフォーク当時区の証人投票のために@ダースナイトというセカンドアカウントを悪用した。この時、@ダースナイトが300万STEEMを超えるSTEEMパワーアップ(パワーアップ額が大きくなるほど証人投票影響が大きくなる)を進めたが、取引所のメモを確認した結果、ブロックトレードのアカウントで確認された。今まで話したことと関連する取引内訳証拠もある。その証拠は、STEEM内のトランザクションツールを利用して直接確認することもできる。ブロックトレードが乱用していたSTEEM内SPSは、現在、財団の協力により防いた状態だ。」

<質問>ハードフォーク予告時間を遅く設定した理由は?

「3月のハードフォーク以降もHIVE側に持続的に攻撃を受けていると指摘した。これに関連事項を整備するために、比較的遅く設定することになった。前述したように公知のハードフォーク一日前の19日午後11時にアップロードされている "

<質問>今回のハードフォークが現在STEEM証人たちの個人的な利益のために行われているという意見も存在する

「現在の証人業務を生業とするSTEEMITメイン証人はほとんどない状態だ。個人的な利益のために運営であれば、いっそ単純投稿をしたり、ディエプ(DApp)を開発して製品の販売をした方がよりよいものと考えられる。」

<質問>ブラート(Blurt)と呼ばれる新規プロジェクトのエアドロップニュースも聞こえてくる。いくつかの経過で出てくるされたプロジェクトであることを教えてくれ。

「STEEMITで働いていBIRDINCという人がいた。主にB2Bや取引所連絡などを務めた。以降HIVEハードフォークが起きてBIRDINCはHIVE側超えた。ところがBIRDINCはHIVE証人はないので仕事のための別の補償がなかった。そこで彼は、HIVE側にSPSを介して補償を受けることができかと問い合わせを入れた。一日に300ドル程度の補償を要求したが、HIVE側が拒否し追い出された。

以後BIRDINCは自分もチェーンを外しという意味を表わした。正確にどのような形で、チェーンの分離をするというのか分からないが、次のような事実は、明らかになった状態だ。

1.分離時HIVEとは異なり除くアカウントなく、すべてのエアドロップ

2.スナップショットは明らかなように、20日午後2時頃基準実施

3.ただしチェーンローンチ日は7月4日に予定

4.初期チェーンの証人たちは、2年間の証人活動保障などの利点を提供

ローンチ日が7月4日のことを見たとき、ローンチ後、5月20日に行われたスナップショットを強制的にデータベース化してアカウントごとにスァジュ形になるようだ。しかし、これを明確にするチェーン分離方式などの具体的な情報は、まだ出ていない。 "

<質問>HIVEハードフォーク以降STEEMIT運営遅延が頻繁な理由は?

「オペレーティング遅延が頻繁は、これまで旧証人が構築したシステムシステムを一度に抜きながら発生した部分がある。また、HIVE側の攻撃などによる理由もあった。今回のハードフォークを介して数年間経験してきた正体から抜け出し、健全にそれぞれ表側と成長の道を模索する基礎を作る予定だ。 "

※筆者は2017年からSTEEMを保有していますます。

Google翻訳後で気づいたろは修正しました。

読みにくい表現があると思われますが、大目に見てくださいね^^


Comments 0