白髪一雄さんというアーティストの存在を初めて知りました


Facebookでこういう記事を見つけました。↓

「今や白髪一雄フットペインティングの世界的評価はすさまじく、市場でも軽く億越えだが、白髪は草間や奈良・村上と異なり、ずっと日本にいた(しかも関西)前衛画家だ。ここまで世界的になったのにはやはり師・吉原治良の具体美術協会があったからこそだろうが、ずっと国内をベースにしていても世界的になれることを証明したと思う。それにしても現在オペラシティギャラリーで開催中の展示が東京での本格的な初回顧展とは、東京はなんて遅れているのだろうか。」

https://www.facebook.com/1327244161/posts/10220980946896527/

Wikipediaでも調べてみました!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%AB%AA%E4%B8%80%E9%9B%84

なるほどー。朗報ですね。ずーっと日本をベースにやっていても、しかも東京でなくても世界的になれるんですね。んで、アートの世界は新たな美的概念を生み出せた人が勝つ、ということがよくわかりました。しかし、Wikipediaを見てわかりましたが、既に亡くなっている方なんですね。遅っ!まあでも励まされる話です。

F38BEE69-EE3C-46FF-A0C2-3BB4864F765F.jpeg

画像引用
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18630


Comments 2


具体美術協会が活動していた頃と違って、今はインターネットがあるから上手く使えば日本をベースにやっていても世界に通用するアーティストになる可能性はより広がったと思います。
具体美術協会については下記URLもご参照ください。
https://artscape.jp/artword/index.php/%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8D%94%E4%BC%9A

29.01.2020 06:58
0

読ませていただきました。なんだか素晴らしい会ですね。みんなの力で勝ち取った世界的評価って感じ。そういえばドラードギャラリーの小原さんも「今はインターネットもあるしゴッホの時代と違う」みたいなことおっしゃっていましたね。自分ももっと工夫してやってみます。

29.01.2020 10:22
0