AirPods Proの凄いとこ残念なとこ


AirPods Proの凄いとこ残念なとこ

TL;DR


結論ルタイプ好きのiPhoneユーザなら買買って損なし。

オープンタイプ好きでも一回使ってみて
!### PPros
ノイズキャンセリング(NC)が強力

  • 外部音取り込みモードが想像以上に自然
  • 耳から全く落ちない
  • 低レイテンシ
  • 見た目がかっこいい

    Cons

  • NC時の無音時間が不快
  • 脱着しにくい
  • モードの切り替り替えが手間

購入の経緯はカナルタイプの音がこもる感じと長時間つけていた時に耳が痛くなるのが嫌で、AirPodsやiPhoneに付属しているようなオープンタイプのイヤホンとオーバーイヤータイプのヘッドホンを好んで使っている。

なので、今回のAirPods Proの発表は少し残念だった。
しかし、内容をよく読むと私の感じるカナルタイプのデメリットを低減した新しいタイプのように感じたので気になり購入し入してみた。


つけ心地rPodsやiPhone付属のイヤホンには正直劣る。

従来のAirPodsは耳に載せるように装着することができたが、AirPods Proはやはり耳の穴に入れるように装着する必要がある。と同時に外すときにも少し耳への負担がかかる。
私のような理由でAirPodsを使っていたユーザにはこれは大きなマイナスだ。
しかし、デフォルトのイヤーチップ(Mサイズ)ではなくSサイズのイヤーチップに変更することでこの不快感は少し改善する。
感覚でいうと通常のカナルタイプとオープンタイプのちょうど間くらいのつけ心地だ。
また、耳から落ちそうになる感覚は全くない。(AirPodsでも滅多に感じなかったかったが。)


モードノイズキャンセリングモード

かなり強力に感じた。
街中でつけていると人の声などの高い音は聞こえてくるが、車や電車などの音は大幅にカットされる。
家の乾燥機が回っている横で使ってみたところ、若干の音は聞こえるが外部の音に意識を向けなければ気にならないレベルであったのは驚いた。
ただ、音を流していない状態でNCモードをONにしていると耳を圧迫されているような感覚になり、不快感がある。これは音楽と音楽の合間の無音でも感じるため少し不快である。(慣れの問題ももちろんあるとは思うが)

外部取り込みモード

想像以上に良い。
このモードを音にすると静かなところじゃないと大音量にしない音楽が聞こえにくいほど外部の音を取り込む。

また、私の感覚が鈍いのか、生の音との遅延を全く感じない。
私の周りのAirPods Proを使っている人は、かなり自然ではあるけど音のズレが不自然に感じると言っていた。
しかし、私はこの音ズレは全く感じていない。

このモードにして喫茶店に入ってみたところ、店員の声が確かにちゃんと聞こえてAirPods Proを外す必要性は感じなかった。(店員さんへの配慮としてイヤホンを外した方がいいという意見はあるだろうが。)

通常モード

特に説明は不要だろう。
が、一つ言えるとすれば普通のカナルタイプよりも遮音性は低い音性は低い。


音質音上している。

遮音性がアップしたことも大きく影響しているが、低音がしっかりと聞こえ、
強いこだわりがある人以外はこの音質で十分満足できると思う。
きると思う。


レイテンシ!

AirPodsでは正直音楽は聞けるが映画はレイテンシが大きく音ズレが気になって映像を見るのにはイマイチだった。
しかし、AirPods Proではレイテンシが低くなっており映画などの視聴も行えるようになった。
うになった。


あとがき

乗るが機内では従来のAirPodsはNC機能がないので大音量にしないと音楽も聞こえず、映画に関しては音も聞こえないし聞こえても音ズレが大きいしで機内では利用していなかった。
しかし、AirPods ProではNC機能の搭載と、レイテンシの向上で機内でも使えるものになったというのがとても嬉しい。

また、仕事場では話しかけられることも多いため外部の音を遮断しすぎるのも良くないと思いAirPodsなどのオープン型を利用し、機内ではNC機能がついたヘッドホンを、と場所に応じて使い分けていたがこれが一つになるというのは個人的には何よりも嬉しい。同じような経験をしている人にはぜひAirPods Proを使ってみてほしい。


(うどんじゃなくなったよ)


Comments 0